勤怠管理システム

MOTクラウド勤怠管理システムの代表機能

通話アプリ「MOT/Phone」と連携

スマホ連動アプリMOTだけの残業防止機能・スマホ打刻で直行・直帰にも対応。
15年の開発実績を持ち20,000社以上に導入されているIPコミュニケーションシステム「MOT」。
スマホアプリ「MOT/Phone」をインストールすることで、
電話配線が不要で本社・自宅・支社・サテライトオフィスなど拠点間を内線化。
社員同士、拠点との通話や電話転送費用が無料になり、通話コストを大幅に削減
勤怠管理システムと連携することで残業を着信アラートで通知することが可能になります。
通話アプリ「MOT/Phone」と連携

定時を超えると残業をアラートコールでお知らせ
超過勤務を警告。3つのアラート機能

設定した月間残業時間を超過した社員がいた場合は管理者・上長にメールで通知することも可能です。
  • 現場直行や在宅勤務

    現場直行や在宅勤務等で打刻を忘れても本人のスマホアプリにメッセージが届きます。

  • 警告メッセージ

    設定した月間勤務時間を超えると、本人のスマホアプリに警告メッセージが届きます。

  • 残業申請の承認

    残業申請の承認がなく、定時になっても退勤していない社員には着信で通知。
    ※MOT/PBX連携必須

MOTクラウド勤怠管理はこんな課題を解決します。

長時間労働を防止したい

課題

  • 残業時間が多く、改善されない。
  • 直行・直帰、リモート勤務で出退勤が不正確。
  • 確認の電話・連絡に費用がかかっている。

解決

  • 残業着信アラートで超過勤務を防止。
  • スマホ・PCで出勤退勤打刻。
  • 社員・拠点間通話が無料に。
  • 専用チャットも利用可能。

集計作業を楽にしたい

課題

  • 出勤、退勤、給与計算に時間がかかっている。
  • 残業時間や有給の管理で見直しが多い。
  • 休日出勤や深夜割増時間の計算が複雑。

解決

  • 帳票、給与計算データをCSV出力。給与ソフトに取り込み。
  • 有給消化日数や残数、残業時間が一目でわかる。
  • 割増賃金を自動計算。

ペーパーレス化したい

課題

  • 残業、休暇の申請・承認を紙とサインで行っている。
  • 勤務表の管理を紙やエクセルで行っている。
  • FAX用紙の使用が多く、コストがかかる。

解決

  • 残業や休暇の申請をクラウド管理。外出先でも可能。
  • 月ごとの勤務状況はCSVで一括出力。
  • 割増賃金を自動計算。

MOTクラウド勤怠管理システムの特徴

ご利用料金

料金には20内線、10ch(同時外線着信数)が含まれます。
初期費用
1,000円∼(税別)
  • 標準1ログインID
  • 会社情報の登録、社員登録、勤怠パターン、承認フロー設定費
月額費用
1,200円∼(税別)
  • 勤怠管理クラウド・アプリ利用1ID
  • ※追加1IDごとに500円

※着信アラート機能については、MOTのご利用が必須になります。
別途お見積もりいたしますので、お問い合わせください。